運転する際の低血糖予防方法をご紹介!

糖尿病の患者さんの中には、足がピリピリするなどの手足の痺れの他にも、低血糖になってしまう方もいらっしゃいます。今回は、なぜ急に低血糖になってしまうのか、運転をする際の低血糖予防方法をいくつかご紹介します。

なぜ急に低血糖になるのか

なぜ急に低血糖になるのか

糖尿病の場合、薬を服用することによって低血糖を引き起こすことがあります。糖尿病では血糖値を下げる薬を利用することも多く、その副作用として低血糖になるリスクがあるのです。

脳は糖をエネルギーとしているため、低血糖が起きると状況判断能力が低下してしまいます。急激な低血糖状態になると痙攣や昏睡状態に陥ってしまうこともあり、命に関わってくる場合もありますので、しっかりと回避することが大切です。

運転前には血糖測定を!

運転前には血糖測定を!

近距離の移動であっても、運転前には血糖値測定をおすすめします。近くに行くだけだからと、血糖値を測定しなくてもいいと考えがちですが、血糖値は常に変動しています。

低血糖を自覚できていない場合もありますので、安心・安全に車を運転するためにも、事前に血糖値測定を行いましょう。

運転の際の低血糖対策

低血糖対策では、血糖値を自分でコントロールできるようになることが大切です。運転時に低血糖になりやすい方は、しっかりとした予防対策が必要です。

  • 空腹時の運転は控える
  • ブドウ糖やブドウ糖を多く含む食品を常備しておく
  • インスリンを使用されている方や1型糖尿病の方は、必要に応じて捕食をとるよう心がける
  • 長時間の運転をする場合は、一定間隔で血糖値を測る

運転中に低血糖の気配を感じた場合は、ハザードランプを点滅し、速やかに車を安全な場所に停車してください。そして、即効性のある糖質(ジュースなど)を捕食しましょう。捕食をしてから15~30分程度待ち、低血糖から回復してから血糖値が目標値に達していることを確認後、運転を再開してください。

もしもの時に備えて、糖尿病患者であることを示す「糖尿病患者用IDカード(緊急連絡用カード)」を財布などに入れて持ち歩くことをおすすめします。

足切断や足の痺れで運転するのに不安があるという方は、ニコ・ドライブが提供している「ハンドコントロール」をお試しください。取り付け簡単な手動運転補助装置「ハンドコントロール」は、快適な運転をサポートします。1泊2日のお試しレンタルや無料体験サービスもご用意していますので、使い心地を確かめてみませんか?

お申し込みは、お電話またはメール、お申し込み専用フォームより受け付けています。

糖尿病で運転について相談するならニコ・ドライブ

会社名
株式会社ニコ・ドライブ
設立
平成27年2月5日
資本金
1,100万円
事業内容
バリアフリー運転装置の開発・製造・販売
パラスポーツ後援活動
障がい者雇用の促進
障害者差別解消法の啓蒙
開発途上国の支援活動
ユニバーサルツーリズムの促進
本社住所
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2−1 KSP西棟4階 NEO G3
Google Map
tel
044-712-7025
(10:00-19:00 年中無休)
url
https://nikodrive.jp/

お支払い方法HOW TO PAY

ニコ・ドライブ公式オンラインショップ

お客様に合ったお支払い方法をお選びいただけます。

A

すぐ使いたい方へおすすめ

銀行振込 / クレジットカード決済 / 分割払い / 代金引換 /NP後払い / 補助金申請書類に対応

14時までに決済が終われば当日発送します!

注文フォーム
ハンドコントロール持運び固定バンド

PRESENT!

非売品グッズをプレゼント!

B

Amazonや楽天でポイントを
貯めたい・使いたい、
コンビニで支払いたい

PayPal / コンビニ決済 / Amazon Pay / 楽天 Pay

翌日対応します!ポイントが溜まります!

STORES.jp

C

Tポイントを貯めたい・使いたい、
ヤフオクでも利用できるスタンプを
貯めたい

Yahoo! ショッピング

翌日対応します!ポイントが溜まります!

Yahoo! ショッピング