腰の負担を軽減する運転姿勢とは?

姿勢の悪さは、腰に負担をかけます。特にヘルニアの方は、車の運転で長時間座り続けることで、腰や足に違和感が出てくることがあります。運転中の腰痛を防ぐには、姿勢にも十分に気をつけることが大切です。

腰を大切にする運転姿勢を意識する

腰を大切にする運転姿勢を意識する

長時間の運転は、腰に負担が蓄積しやすくなります。腰痛を抱えている方や、腰に負担をかけたくない方は、正しい運転姿勢を意識しましょう。正しい運転姿勢をとれば、身体が安定して疲れにくくなります。

また、腰の違和感や不調を悪化させないために、長時間運転する際は、こまめに休憩をとることも大事です。車から降りて、軽くストレッチをするのもいいと思います。

凝り固まってしまった関節の動きを柔軟にすることで、腰にかかっていた負担が軽減されます。

運転時の姿勢のポイント

運転時の姿勢のポイント

運転に必要な操作は、無理なく確実にできる姿勢が正しい姿勢です。まず、腰に負担がかからないよう背中とお尻をシートにぴったりとくっつけ、深く座りましょう。

お尻の後ろに隙間が空いていると、腰への負担が大きくなってしまいます。ポイントは、骨盤をまっすぐ立たせるように、背筋を伸ばして座ることです。また、視野が広くなるように、シートは高めに調節しておくと運転しやすくなります。

シートの角度は、ハンドルとの距離感だけでなく、前方の視界をしっかり確認できるよう倒しすぎないようにしましょう。ハンドルが正確に操作できるように、腕の関節に軽く余裕が残るくらいの角度が理想です。そして、ヘッドレストは真横から見て、耳の後ろの位置がヘッドレストの中心にくるように高さを調節すると安定します。

ヘルニアで足がしびれてしまう方の自動車運転について

運転はどうしても腰への負担が大きくなりがちです。それゆえに、腰痛やヘルニアを抱えていると、なかなか痛みで運転に集中できないということもあると思います。

不自然な姿勢で長時間の運転をすると、腰周囲の筋肉や、背中・肩などの筋肉が緊張し、肩こりや腰痛につながりやすくなります。骨盤が安定するように座り、背中がシートにしっかり触れているような感覚で座りましょう。

ニコ・ドライブでは、運転中に足がしびれてしまい、アクセルやブレーキ操作が不安な方におすすめのアイテム「ハンドコントロール」を販売しています。足が不自由の方でも気軽に運転できるアイテムですので、ぜひご利用ください。

ニコ・ドライブでは、自動車のアクセルとブレーキを手で簡単に操作できる「ハンドコントロール」を取り扱っています。普通車はもちろん、軽自動車にも取り付け可能なモデルは、長さ調節もできます。

ハンドコントロールは、あなたの行動範囲を格段に広げてくれるアイテムです。安全に運転していただくための運転ガイドもご用意していますので、ぜひご覧ください。

ヘルニアで運転をお考えならニコ・ドライブ

会社名
株式会社ニコ・ドライブ
設立
平成27年2月5日
資本金
1,100万円
事業内容
バリアフリー運転装置の開発・製造・販売
パラスポーツ後援活動
障がい者雇用の促進
障害者差別解消法の啓蒙
開発途上国の支援活動
ユニバーサルツーリズムの促進
本社住所
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2−1 KSP西棟4階 NEO G3
Google Map
tel
044-712-7025
(10:00-19:00 年中無休)
url
https://nikodrive.jp/

お支払い方法HOW TO PAY

ニコ・ドライブ公式オンラインショップ

お客様に合ったお支払い方法をお選びいただけます。

A

すぐ使いたい方へおすすめ

銀行振込 / クレジットカード決済 / 分割払い / 代金引換 /NP後払い / 補助金申請書類に対応

14時までに決済が終われば当日発送します!

注文フォーム
ハンドコントロール持運び固定バンド

PRESENT!

非売品グッズをプレゼント!

B

Amazonや楽天でポイントを
貯めたい・使いたい、
コンビニで支払いたい

PayPal / コンビニ決済 / Amazon Pay / 楽天 Pay

翌日対応します!ポイントが溜まります!

STORES.jp

C

Tポイントを貯めたい・使いたい、
ヤフオクでも利用できるスタンプを
貯めたい

Yahoo! ショッピング

翌日対応します!ポイントが溜まります!

Yahoo! ショッピング