2018/05/24

車椅子ユーザーが体験した大阪の地下鉄事情

nikodrive_maou_01_face東京よりも大阪のほうがバリアフリー度の高いことはご存知ですか?

こんにちは。nikodriverの白倉栄一です。東京では2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催を予定していますが、大阪では2025年万国博覧会開催招致を目指しております。また大阪は、ユニバーサルスタジオジャパンもかなり話題になっていますし、くいだおれの街と言われるだけに行けば必ず楽しめるスポットになっています。そこで、大阪の鉄道事情、特に地下鉄事情をお伝えしたいと思います。もし何かの参考になっていただければと思います。

東京よりも大阪のほうがバリアフリー度の高いことはご存知ですか?

DSC_0683

以前、人生初の「日帰り大阪」をすることになりました。クルマ(JR品川駅周辺の駐車場へ)・新幹線(品川~新大阪間)・地下鉄(新大阪~堺筋本町)を合わせた移動で茨城から大阪までを往復しました。その後もクルマ(羽田空港第4駐車場)・飛行機(羽田~伊丹間)・モノレール(伊丹空港~大日)・地下鉄(大日~谷町四丁目)というルートで移動したことがあります。どちらも思っていた以上にスムーズな旅でした。

毎回大阪で感じるのは、駅員さんの対応がものすごく速い点です。日帰り大阪のときは、東海道山陽新幹線「のぞみ」で新大阪駅まで行き、地下鉄御堂筋線に乗り換えて本町駅へ。本町駅で地下鉄中央線に乗り換えて堺筋本町駅に行きました。JR新大阪駅のホームに来てくれた駅員さんがそのまま地下鉄御堂筋線の新大阪駅まで案内してくれました。しかも、乗換しやすいルートだったことも功を奏しました。

地下鉄御堂筋線で本町駅に着いた時にも駅員さんがスタンバイしてくれて、地下鉄中央線の乗り場まで車椅子を押してくれました。この乗り換えはものすごく距離がありましたが、駅員さんが車椅子を押すスピードが速かったのはちょっと驚きです。関西人のせっかちぶりが出ていましたが、やはり車椅子を押す場合の速度はゆっくり目の方がいいと思いました。私は慣れていますが、一般の人だと怖く感じてしまうでしょう。

実際に大阪メトロ(旧 大阪市交通局)のホームページを見る限りでは、ほとんどの駅に乗換用のエレベーターや地上出口のエレベーターが設置されていました。東京に比べると、地上に出るルートは多くあるように感じました。そしてバリアフリー化に欠かせない多機能トイレの設置についても、ほとんどの駅に設置されています。

逆に東京の地下鉄においても、ほとんどの駅に多機能トイレが設置されているものの、階段しか行けない改札の脇に多機能トイレがあり、エレベーターで行くルートには設置されていないようなことも多くみられます。また乗換駅におけるアクセスが難しい点もあります。一旦、地上に出ないと乗換できない駅も多くなります。そういった点では、東京より大阪のほうがトータル的にバリアフリー度において高くなっている傾向にあると言われています。

大阪メトロ(旧 大阪市交通局)は国土交通省からの表彰を受けている

大阪では「ひとにやさしいまちづくり」の一環として、誰もが安心して利用できる地下鉄の実現を図っています。平成22年には地下鉄・ニュートラムの全133駅でホームから地上までのワンルート整備が完了しています。平成25年には全ての乗換駅における乗換経路のワンルートが完成しております。その結果、大阪市交通局は、平成30年1月12日に、公共交通機関、建築物、道路などの国土交通分野におけるバリアフリー化の推進に多大な貢献が認められた個人又は団体が表彰される「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞されています。それだけものすごくバリアフリーに力をいれていることがよく分かります。

利用するときには地下鉄の駅の構内図を必ず確認しておく

DSC_0726

話を元に戻しますが、利用する際の大事なポイントとしては、地下鉄の駅の構内図は事前確認が必要です。エレベーターの場所・多機能トイレの場所など。あとは乗換駅がどうなのか確認しておいた方がいいと思います。一般の人にとっては、気軽に乗り換えできる駅が車椅子利用者ではそうでない場合があります。なぜならエレベーターや連絡通路がない場合も想定しておかなければなりません。

大阪・梅田周辺の地下街は多少のアップダウンがある

大阪・梅田周辺は地下鉄の乗り換えが盛んに行われています。そして地下街が広がっていて、バリアフリーには適しているようにも見えましたが、地下街の勾配が気になりました。一般の人には何でもない勾配でも、車椅子利用者にとっては厳しい勾配もよくあります。そんなところが多かったです。

電車の手配については、先ほど述べたようにものすごく俊敏な対応をしてくれます。改札口で「お願いします」と頼むと、自分がエレベーターでホーム階に降りたら、駅員さんがすでにスタンバイしてくださいました。とにかくビックリしました。東京では見たことのない光景です。そのため、到着した電車にすぐ乗ることが可能でした。ものすごくありがたかったです。もちろん、路線・駅によっては異なるとは思いますが、何度となく大阪に行っても、比較的に待たされることは少ないです。

総合的にみると、大阪も東京もさほど変わりませんが、財政の問題では大阪メトロ(旧 大阪市交通局)は厳しいこともあり、電車の車両もかなり古いタイプになっていました。しかしバリアフリー化については、先ほど述べたようにかなり整っているように思えました。また駅員さんの対応は、明らかに東京より大阪の方が速いように思えました。それは路線の複雑さなどもあるので、大阪と東京の比較はできませんが、すぐ乗れることはとても助かります。また引き続き利用してレポートしたいと思っております。