2018/05/24

日常で使っている便利グッズの紹介「折りたたみマジックリーチャー」

nikodrive_maou_01_face
旅行の宿泊時にとても役立つ「高級折りたたみマジックリーチャー」

こんにちは。nikodriverの白倉栄一です。今回は車椅子ユーザーにとって、面白いアイテムをご紹介します。それはちょうど1年半前、私が日本1周をする直前に購入したアイテム「折りたたみ式リーチャー」です。これがあったので旅行をする際に助かったといえる逸品です。何かの参考になっていただければと思います。

車椅子ユーザーにとっては手を伸ばしても届かないときどうするか?

dsc_2246

今回ご紹介する便利グッズは、2016年11月14日~12月15日までクルマで日本1周を実施したときに、ものすごく役にたったアイテム「マジックリーチャー」です。リーチャーという言葉は聞きなれていないと思いますが、よく別名で言われているのは「マジックハンド」という言葉です。車椅子ユーザーの皆さんは、自宅などでマジックハンドをお使いではありませんか?私はこのマジックハンドが日常生活の中で手放せません。なぜなら手の届かない場所に、物を落としたときに簡単にとることのできるマジックハンドが、とても便利なアイテムだと思っています。

自宅以外でもマジックハンドはとても重宝します。クルマにのって駐車場ゲートで券を取る時に、クルマと発券機の幅を詰められなくて、手を伸ばしても発券機に届かないと言ったことはありませんか?一般の人であれば、ドアをあけて券をとることができますが、車椅子ユーザーだと届かないことがあるでしょう。そういった場合に、マジックハンドがあれば券をとることが可能です。

そういったお役立ちグッズであるマジックハンドですが、旅行に行くときに持っていきたいと思ったことがありませんか?旅行先のホテルにて、マジックハンドがあるととても便利だと思っても、さすがに細長い構造をしているので、バッグの中に入れて行動するのは難しくなります。だからといって、マジックハンドだけを持ち歩くのも邪魔になってしまいがちです。もちろん、いざというときにホテルなどでマジックハンドの貸出をしてくださればうれしいですが、私が長年いろいろなホテル・旅館などを泊まった経験上、マジックハンドの貸出をしてくれる場所は見たことがありません。

折りたたみ式のマジックハンドがあれば旅行で使える

ではどうやったら旅行先でマジックハンドを使うことができるのでしょうか?そこでネットで探してみたところ、「折りたたみ式のマジックハンド」が売っていました。これには正直ビックリしたものの、本当に使えるのか気になりました。早速購入したところ、強度について通常のマジックハンドに比べると弱いものの、何かをつかみたいときにはとても便利なものでした。価格についても3000円台となっており、とてもお手頃です。

ホテルに宿泊するときの一番のお役立ちアイテム

dsc_2245

実際に折りたたみ式になっているので、バッグの中に入れても、あまり邪魔にならない大きさです。そしてこのマジックハンドがどんな時に活躍するのかと言いますと、例えばホテルのシャワーや風呂を利用しようとしたときに、たまにシャンプー・リンスなどの置き場が手を伸ばしただけでは届かない場合があります。立位・歩行ができる人であれば、何とかなる場合があるものの、さすがに身を乗り出すと、転倒して事故につながることもあります。

そこで折りたたみ式のマジックハンドがあれば、シャンプー・リンスなどの置き場を自分の手が届く場所に移動させることができます。もちろんホテルのスタッフに頼めば、対応してくださると思いますが、さすがに呼んでは申し訳がないという気持ちも起こり遠慮がちになるので、自分1人で気軽にできることがとにかく便利です。さらにベッドに寝てから、何か自分の旅行グッズや飲み物をとりたいと思う事はありませんか?そんなケースにおいて、起き上がって手を伸ばしても届かない。あとちょっとの距離が届かないために、一度車椅子に乗り移って物をとるしかない。そんなときにもベッドサイドに折り畳み式のマジックハンドを置いておくだけでとても役に立ちます。

衣類の洗濯・乾燥のときに手が届かない辛さはマジックハンドで解決できる

photo

そしてなんといっても一番役に立つのが、衣類の洗濯をするときです。1・2泊であれば、わざわざ自分の衣類を洗濯する必要はないでしょう。でもそれ以上の宿泊であれば、衣類の洗濯が必要になります。そこでホテルで洗濯しようとしても、ななめドラムになっている洗濯乾燥機が設置されているようなところであれば、車椅子ユーザーにとっても利用しやすいのですが、そういったホテルはあまり見かけません。大概は、洗濯機が下にあって、その上に乾燥機が設置されている場合がほとんどで、車椅子ユーザーにとっては使いにくい機器です。

そこでマジックハンドが役に立ちます。手順としては、洗濯機に衣類を入れることは可能ですが、取り出すときには手を伸ばしても届かないことがよくあります。その時にマジックハンドがあれば衣類をとることが可能です。さらに上に設置したある乾燥機については、出し入れそのものがかなり厳しいものの、マジックハンドがあれば工夫次第でうまくいきます。特におすすめの方法は、乾燥機からマジックハンドを使って衣類を取り出しますが、取り出し忘れが車椅子目線の高さでは分かりません。そこで手を上にあげてスマホのカメラ機能を使い、乾燥機のドラムの中を撮影します。そうするとどの位置に衣類の取り忘れがあるかが一目瞭然です。

あとはその取り忘れの位置にめがけて、マジックハンドを巧みに利用すると、乾燥機のドラムからきちんとすべての衣類を取り出すことができます。さすがに衣類となると、異性のホテルスタッフには頼みにくいものです。だからこそとても助かるアイテムです。今までのことを踏まえると、このマジックハンドはとても役に立つアイテムです。ネットで購入することができるようになっております。
※ちなみに「高級 折りたたみマジックリーチャー」として販売されております。