企業理念「 移動格差の解消 」


BP1I2546s 2000年、バイクの免許を取得して2週間後の高校1年生の冬、
気が付くと病院のベッドの上にいました。
交通事故から1ヶ月後、医師からもう歩けないことを聞かされ、
16歳で人生が終わったと思いました。

それから2年後の2002年、自動車の運転免許を取得し、
手動運転のための特殊改造を施したクルマを購入しました。
そのクルマのおかげで自由に移動できるようになった喜びは
今でも色褪せておらず、
足が不自由になった私に自由を感じさせてくれています。

しかし運転免許取得から14年経った今でも、
足の不自由な方が自動車を運転するためには、
手動運転のための特殊改造を施さなければならず、
自動車は誰もが自由に使うことのできる
「バリアフリーな乗り物」にはなっていません。

そこで、足の不自由な方も健常者の方と同じ
すべての人が自由に出掛けられる社会創りを実現するために、
課題を解消できる製品、ハンドコントロールを開発し、
仲間と会社を設立いたしました。

ニコ・ドライブは、足の不自由な方がクルマで出掛けることで
一度きりの人生によろこびを感じるきっかけとなれるよう、
ハンドコントロールを用いて企業様と一緒に
身体障がいの有無による移動格差を解消し、
世界中の人がクルマで自由に出掛けられる社会を目指します。

                株式会社ニコ・ドライブ
                 代表取締役 神村 浩平
                   (脊髄損傷 胸椎4番)

※ハンドコントロールとは…足の不自由な方が手もとで自動車のアクセルと
 ブレーキを操作するためのアタッチメントです。

企業概要へ

製品情報へ