英語:ハンドコントロールの安全性について【安心をお届けするための4つの試験】

こんにちは、ニコ・ドライブの金子です('-')/
今日は、ニコ・ドライブの手動式アクセル・ブレーキ「ハンドコントロール」の安全性についてお話しさせていただきます。

株式会社ニコ・ドライブでは、皆様に安心して快適なドライブを楽しんで頂くために、ハンドコントロールの様々な利用環境を想定した4つの安全性確認試験を実施しています。

20161110_nikodriveblog_01

これらの試験は、第三者機関である一般財団法人 日本車両検査協会様にて実施しました。日本車両検査協会様は自転車、ヘルメット等の安全試験、自動車の排ガスの試験等を行う中立の試験・検査機関です。
それでは、試験の内容についてご説明させて頂きます(‘-’)


1.振動試験

運転中にボルトやナットに緩みが生じない事、ハンドコントロールがペダルから外れない事を確認する試験です。
※JIS D1601準拠
20161110_nikodriveblog_02
ハンドコントロールを固定し、上下4時間、左右2時間、前後2時間の振動を与えます。
変形、ゆるみ、亀裂など、ハンドコントロールに異変が生じないことを確認します。


2.荷重試験

急ブレーキ操作時にかかる、強い力にも耐えられる事を確認する試験です。

20161110_nikodriveblog_03
ハンドコントロールの持ち手に、120kgの力を1分間加え続けます。
力を加えた後、ハンドコントロールの動作に問題が無い事を確認します。


3.高温放置試験

真夏の車内や強い暖房風など、非常に高温の環境にも耐えられる事を確認する試験です。
※JIS D0204-1907 準拠

20161110_nikodriveblog_04
ハンドコントロールを高温(80℃)の中に1時間放置した後取り出し、ハンドコントロールに異変が生じないことを確認します。※写真はイメージです。


4.繰り返し耐久試験

ハンドコントールを末長くご愛用頂くために、耐久性を確認する試験です。

20161110_nikodriveblog_05
ブレーキ・アクセル操作を200,000回繰り返し行います。変形、ゆるみ、亀裂など、ハンドコントロールに異変が生じないことを確認します。


以上、4つの試験についてご説明させていただきました!(‘-’)/
その他、製品の安全性や操作性について気になる事があれば、いつでもお気軽にご連絡くださいね!
株式会社ニコ・ドライブでは、皆様に安心して快適なドライブを楽しんで頂くために、日々製品の安全性を追求しながら、製品の改良・開発に取り組んで参ります。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げますm('^')m


▼ハンドコントロールの商品販売ページはこちらから
【nikodrive_STORES】
▼ハンドコントロールをお取扱いいただいている企業様はこちらから
【パートナー企業様一覧】
▼お問い合わせ先
株式会社ニコ・ドライブ
TEL :044-712-7025
MAIL:info@nikodrive.jp